<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 骨子 | main | 国際社会に秩序を、人類に未来を、世界に政府を >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    サマリー

    0

      JUGEMテーマ:国際社会

       

      [理由編]

       

       

      ☆地球環境的理由

       

       

      石油、石炭、ウラン鉱石、これらのエネルギー資源があと何年もつのかの議論は諸説あるが、必ず言えることは、いつか必ずなくなるということである。そしてその時は、千年、2千年という遠い未来ではなく、100年、200年、それ以下の近い将来である。

       

       

       

      世界各国のリーダーたちが無能だから問題を解決できないのではなく、これはあくまでシステム上の問題である。どの国でも、国家のリーダーの最も重要な仕事は国内の政治であるため、地球規模の環境問題は後回しにされがちである。

       

       

       

      世界は常に経済、軍事、科学技術など様々な分野で国対国の激しい競争が行われている。政治家の中には枯渇する資源、増大する温室効果ガス排出、その他の気候変動、人口爆発への対策の 必要性を認知はしている者もいる。しかし、各国政府の最優先事項はあくまでそれぞれの 国民の生活と利益を守ることであり、激しい国家間の競争にさらされている中、 目の前の国益を二の次にしてまで環境問題に手を打てない。

       

       

       

      国民一人一人も、日々の生活という大きな課題が最優先となる為、環境問題を無視しても政党、政権の支持率に影響が無い。逆に、経済、安全保障より環境問題を優先させる方がリスク。

       

       

       

      →国の代表同士の話し合いでは構造的に解決が難しい為、国境の垣根を超えた、普遍的な組織、ルールが必要。

       

       

       

      我が国に日本国政府と国会があるが、もしこれが47都道府県知事同士の話し合いだけしかなければ、県同士の牽制が邪魔して決まるものも決まらない。

       

       

       

      ☆経済的理由

       

       

      グローバル企業の誘致を目的とした国家間の法人税の減税競争が激化した結果、各国政府は国内の所得の再分配機能を果たせず、格差は拡大する一方。富める者から十分に徴税も出来ない為、税収は不足し財政は悪化している。

       

       

       

      →グローバル企業に対してグローバル徴税を実施する国際公的機関が必要であり、 巨大企業による脱税への防止策を講じるべきである。

       

       

       

      ☆安全保障的理由

       

       

      唯一の超大国アメリカと言えど、世界統一を果たしたこの星の政府ではないため  世界各地で頻発する全ての紛争をその武力で即時解決できるほどの実力はない。また、アメリカ自身も国益を守らなければいけない一つの国である以上、その判断が 常に中立、公正であるとは言い難い。よって、アメリカだけに世界の警察の役割を 任せるわけにはいかない。

       

       

       

      さらに、アメリカの影響力の低下に伴い、国際情勢が不安定する中、各国の外交努力 だけに国家の安全、戦争の回避を委ねるのは極めて不十分。

       

       

       

      →紛争、動乱などが起きた時に、中立・公正であり強力な国際部隊の存在が不可欠である。

       

       

       

       

      [実践編]

       

       

      ☆国連安保理の民主化

       

       

      拒否権制度(全会一致制)の廃止、重要事項でもせめて2/3以上の賛成で可決すべき ・常任理事国制度の廃止→任期設定、選挙制の導入

       

       

       

      ☆国際司法裁判所の改革

       

       

      選択条項受諾システムの廃止→訴えられた側に拒否する権利を与えない。

       

       

      裁判所の決定事項を国連軍が武力で担保し、いかなる大国にも無視を許さない。

       

       

       

      ☆国連軍の常設、および増強

       

       

      現状の国連軍は、任務ごとの寄せ集め多国籍軍

       

      →国連が直接雇用、訓練した部隊を常時待機させが不測の事態が生じた際には即出動出来るようにする。

       

       

       

       

       

      地球政府設立プロジェクト * はじめに * 01:13 * comments(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 01:13 * - * -

        コメント

        コメントする









        このページの先頭へ